イソフラボンの摂取量、あなたは大丈夫?? | 保育士 田原一希のブログ |美容整体サロンSimple

ブログ

美容整体サロンSimple > ブログ > 保育士 田原一希のブログ > イソフラボンの摂取量、あなたは大丈夫??

CATEGORY | 保育士 田原一希のブログ

POST | 2020.03.26

イソフラボンの摂取量、あなたは大丈夫??

こんにちは!

保育士の田原かずきです(^^)/


最近流行り?の豆腐ライス知っていますか?

お豆腐をフライパンで炒めると、ご飯のようになり、ご飯の代わりになるというものです。

大豆は栄養満点で、体のためにも摂取したいなと思い早速作ってみました!

味は、、、豆腐です。(笑)

チャーハンなどにすると気にならなかったです☺

 

そこで気になったのがイソフラボンの摂取量。

豆腐ライス食べて、納豆食べて、豆乳飲んで。

大豆ってそこらじゅうで使われていますよね。

 

いったい、どのくらいとっていいのでしょうか??

食品安全委員会によると、大豆イソフラボンにおける1日の摂取目安量の上限値を70~75mgと定めています。

また、閉経後の女性に限定して、+30mgなら上乗せしても問題ないようです。

 

 

過剰摂取による影響

・女性ホルモンの乱れ・・・女性ホルモンに近い働きをするため、月経異常、肌荒れ、自律神経の乱れ、に繋がります。

・下痢・・・不溶性食物繊維が豊富なため、腸の働きを活発にしてくれます。そのため過剰に摂取してしまうと下痢に繋がります。

・アレルギー症状・・・過剰摂取が慢性化するとまれに、アレルギー症状を引き起こすことがあります。

・肥満・・・なんでも摂りすぎは太ります。

 

 

イソフラボンの含有量

納豆・・・65mg

油揚げ(1/2枚)・・・52.5mg

豆乳(125ml)・・・69mg

豆腐(1/2丁)・・・55mg

きな粉(大さじ1)・・・15.6mg

みそ(大さじ1)・・・7.2mg

100gあたりの含有量なので、少し分かりづらいかもしれませんが・・・

参考になればと思います!

ちなみに、豆腐1丁が350gです。


意外と一日の摂取量って少ないものですね。

イソフラボンは、良いこともたくさんあります。


 

あまり神経質にならずに、上手に食事に取り入れられると良いなと思います(^^)/

 

それでは、今日もSimple.にいきましょう!

お気軽にご予約・
お問い合わせください

  • tel.0263-30-8494

    【受付時間】
    平日(木曜日を除く)/9:00〜19:00 木・土曜日/9:00〜14:00 定休日/日・祝日
  • お問い合わせフォーム
  • \24時間365日受付!/
    ☆LINEからご予約で
    全員にプレゼント
    ※LINEでのご予約方法→友達追加後に
    自動メッセージと割引クーポンが届きますので、その手順に従って返信をお願いいたします。

  • LINE ID @xsp5436m

  • 友だち追加
  • 産後骨盤矯正をご予約の方

    ・完全版!症状別産後骨盤体操
    ・産後にみるみる痩せる食事の秘密10ヶ条
    ・腰痛持ちのママ必見!
    反り腰にならない抱っこの仕方
    etc...

    美容姿勢整体をご予約の方

    ・この意識だけ!スラっと真っ直ぐ伸びた
    キレイな姿勢の作り方
    ・むしろ食べて欲しいダイエット中におススメの間食
    ・-3cm間違いなし!ヒップUPトレーニング
    etc...


  • 美脚O脚矯正をご予約の方

    ・美脚になる立ち方と歩き方と座り方
    ・たったこれだけ!?美脚トレーニング
    ・5分でできる!脚を細くするストレッチ
    etc...


    小顔矯正をご予約の方

    ・パッチリ二重をつくるセルフマッサージ
    ・小顔な人は絶対にしない3つの習慣
    ・キラキラ笑顔になる口角を上げる体操
    etc...